沿革

明治
1872年(明治5年) 蛇瀧港に-1.5m物揚場完成
1890年(明治23年) 日本セメント[現:太平洋セメント]八代工場立地

大正
1916年(大正5年) 八代港指定港湾採択
1924年(大正13年) 東肥製紙[現:日本製紙]八代工場開業

昭和
1937年(昭和12年) 日曹人絹パルプ[現:興人]八代工場操業開始
1939年(昭和14年) 昭和酒造[現:メルシャン]八代工場操業開始
1941年(昭和16年) 内港修築計画着手
1948年(昭和23年) 内港修築工事再開
1957年(昭和32年) 内港物揚場完成
1959年(昭和34年) 港湾計画策定、重要港湾指定
1961年(昭和36年) 国直轄工事として外港地区建設開始
1962年(昭和37年) 出入国港指定
1964年(昭和39年) 蛇籠港より内港へ定期旅客船発着場移転
1965年(昭和40年) 外港地区岸壁(-9m)(-7.5m)各1バース目完成
1966年(昭和41年) 貿易港として開港指定、外港地区岸壁(-7.5m)2バース目完成
1967年(昭和42年) 植物防疫法による木材指定港指定、大島地区石油基地用地分譲
1970年(昭和45年) 外港工業用地第一工区完成(702,000)、植物防疫法による指定港
1972年(昭和47年) 港湾計画改定
1973年(昭和48年) 外港地区岸壁(-10m)1バース目完成、検疫法に基づく検疫指定港、熊本くみあい飼料立地
1975年(昭和50年) 外港工業用地第二工区完成(607,000)、外港工業用地にYKK九州工場操業開始
1979年(昭和54年) 外港地区岸壁(-10m)2バース目完成
1980年(昭和55年) 九州縦貫自動車道八代インター開通
1982年(昭和57年) 港湾計画改定[外港地区岸壁(-12m)2バース計画]
1983年(昭和58年) 外港地区岸壁(-10m)3バース目完成
1985年(昭和60年) 外港地区岸壁(-10m)4バース目完成、外港工業用地第三工区完成(857,000)

平成
1990年(平成2年) ヤマハ八代製造[現:ヤマハ熊本プロダクツ]、操業開始
1992年(平成4年) 外港地区岸壁(-12m)1バース目完成
1994年(平成6年) 外国産食糧(麦)の輸入指定港
1995年(平成7年) 港湾計画改定[大島地区(-14m)他計画]
1998年(平成10年) 外港地区岸壁(-12m)2バース目完成、外国産食糧(米穀)の輸入指定港
1999年(平成11年) コンテナ対応施設供用開始、[外港地区岸壁(-10m)4バース目]、
コンテナ国際定期航路開設[韓国・釜山港間]
2000年(平成12年) 「穀物のわら及び飼料用の乾草」における動物検疫指定港
2004年(平成16年) コンテナ取扱い5万TEU達成
2005年(平成17年) 港湾計画改定〔外港地区岸壁-14m計画等〕
2007年(平成19年) -14m岸壁新規着工、コンテナ取扱い10万TEU達成
2008年(平成20年) 小口混載貨物サービススタート
2009年(平成21年) 国内コンテナ定期航路就航
2010年(平成22年) 「重点港湾」選定
2013年(平成25年) 外港地区岸壁(-14m)、1バース目完成
2016年(平成28年) コンテナ取扱い20万TEU達成