八代港の概要

平成11年(1999年)6月に、韓国・釜山港間に県内初のコンテナ国際航路が開設されて以来、現在、韓国・釜山港間に週3便、令和3年(2021年)1月から台湾各港(基隆、台中、高雄)間に週1便のコンテナ船が八代港に寄港しています。
それにより、国内・アジアはもとより北米やヨーロッパなど世界中の貨物の輸出入が八代港で可能となっています。
平成29年(2017年)に新大型ガントリークレーンを含め、蔵置能力が従来の約1.6倍となる新コンテナターミナルの移設拡充整備が完了し、更なる貨物取扱量の増加が期待されます。

概要

利用岸壁 -12m岸壁
面積 56,000㎡
蔵置能力 1,436TEU
設備 ガントリークレーン2基(5段13列、3段8列)
ストラドルキャリア3台(2台は民間所有)
リーファーコンテナコンセント24口(440v 22口、220v 2口)
管理棟、チェッキングブリッジ等

設備

  • コンテナターミナル
    コンテナターミナル
  • ガントリークレーン
    ガントリークレーン
  • ストラドルキャリア
    ストラドルキャリア

アクセス

地図

主要地点への距離

八代市街地 約6Km 約8分
九州縦貫自動車道八代IC 約9Km 約12分
九州縦貫自動車道熊本IC 約50Km 約40分
九州縦貫自動車道鹿児島IC 約140Km 約110分
九州縦貫自動車道宮崎IC 約150Km 約120分
九州縦貫自動車道福岡IC 約155Km 約130分