八代港について

県内最大の国際貿易港

平成11年(1999年)6月に、韓国・釜山港間に県内初のコンテナ国際航路が開設されて以来、現在、韓国・釜山港間に週3便、令和3年(2021年)1月から台湾各港(基隆、台中、高雄)間に週1便のコンテナ船が八代港に寄港しています。
それにより、国内・アジアはもとより北米やヨーロッパなど世界中の貨物の輸出入が八代港で可能となっています。
平成29年(2017年)に新大型ガントリークレーンを含め、蔵置能力が従来の約1.6倍となる新コンテナターミナルの移設拡充整備が完了し、更なる貨物取扱量の増加が期待されます。

概要

利用岸壁-12m岸壁
面積56,000㎡
蔵置能力1,436TEU
設備ガントリークレーン2基(5段13列、3段8列)
ストラドルキャリア3台(2台は民間所有)
リーファーコンテナコンセント24口(440v 22口、220v 2口)
管理棟、チェッキングブリッジ等
八代港の概要(利用岸壁、面積、蔵置能力、設備)

設備

アクセス

地図

主要地区への距離

八代市街地約6Km約8分
九州縦貫自動車道八代IC約9Km約12分
九州縦貫自動車道熊本IC約50Km約40分
九州縦貫自動車道鹿児島IC約140Km約110分
九州縦貫自動車道宮崎IC約150Km約120分
九州縦貫自動車道福岡IC約155Km約130分
八代港から主要地区への距離

コンテナ取扱実績

2019年(令和元年)取扱実績

2019年(令和元年)取扱実績グラフ
2019年(令和元年)取扱実績 グラフ

上記の画像やExcelファイルで情報を得ることが難しい、操作ができないなどの場合は、代替手段として電話・FAXによるご説明の手段を提供します。
熊本県 企業立地課 企業誘致第四班(八代港ポートセールス協議会事務局)
電話:096-333-2514/ファックス:096-385-5797

沿革

明治
1872年(明治5年)蛇瀧港に-1.5m物揚場完成
1890年(明治23年)日本セメント[現:太平洋セメント]八代工場立地
大正
1916年(大正5年)八代港指定港湾採択
1924年(大正13年)東肥製紙[現:日本製紙]八代工場開業
昭和
1937年(昭和12年)日曹人絹パルプ[現:興人]八代工場操業開始
1939年(昭和14年)昭和酒造[現:メルシャン]八代工場操業開始
1941年(昭和16年)内港修築計画着手
1948年(昭和23年)内港修築工事再開
1957年(昭和32年)内港物揚場完成
1959年(昭和34年)港湾計画策定、重要港湾指定
1961年(昭和36年)国直轄工事として外港地区建設開始
1962年(昭和37年)出入国港指定
1964年(昭和39年)蛇籠港より内港へ定期旅客船発着場移転
1965年(昭和40年)外港地区岸壁(-9m)(-7.5m)各1バース目完成
1966年(昭和41年)貿易港として開港指定、外港地区岸壁(-7.5m)2バース目完成
1967年(昭和42年)植物防疫法による木材指定港指定、大島地区石油基地用地分譲
1970年(昭和45年)外港工業用地第一工区完成(702,000m²)、植物防疫法による指定港
1972年(昭和47年)港湾計画改定
1973年(昭和48年)外港地区岸壁(-10m)1バース目完成、検疫法に基づく検疫指定港、熊本くみあい飼料立地
1975年(昭和50年)外港工業用地第二工区完成(607,000m²)、外港工業用地にYKK九州工場操業開始
1979年(昭和54年)外港地区岸壁(-10m)2バース目完成
1980年(昭和55年)九州縦貫自動車道八代インター開通
1982年(昭和57年)港湾計画改定[外港地区岸壁(-12m)2バース計画]
1983年(昭和58年)外港地区岸壁(-10m)3バース目完成
1985年(昭和60年)外港地区岸壁(-10m)4バース目完成、外港工業用地第三工区完成(857,000m²)
平成
1990年(平成2年)ヤマハ八代製造[現:ヤマハ熊本プロダクツ]、操業開始
1992年(平成4年)外港地区岸壁(-12m)1バース目完成
1994年(平成6年)外国産食糧(麦)の輸入指定港
1995年(平成7年)港湾計画改定[大島地区(-14m)他計画]
南日本グレーンセンター 八代営業所(現パシフィックグレーンセンター)操業開始
1998年(平成10年)外港地区岸壁(-12m)2バース目完成、外国産食糧(米穀)の輸入指定港
1999年(平成11年)コンテナ対応施設供用開始、[外港地区岸壁(-10m)4バース目]、
コンテナ国際定期航路開設[韓国・釜山港間]
2000年(平成12年)「穀物のわら及び飼料用の乾草」における動物検疫指定港
2004年(平成16年)コンテナ取扱い5万TEU達成
2005年(平成17年)港湾計画改定〔外港地区岸壁-14m計画等〕
2007年(平成19年)-14m岸壁新規着工、コンテナ取扱い10万TEU達成
2008年(平成20年)小口混載貨物サービススタート
2009年(平成21年)国内コンテナ定期航路就航
2010年(平成22年)「重点港湾」選定
2013年(平成25年)外港地区岸壁(-14m)、1バース目完成
港測法特定港に指定
2016年(平成28年)コンテナ取扱い20万TEU達成
2017年(平成29年)国際旅客船拠点形成港湾指定
2018年(平成30年)新コンテナターミナル供用開始
令和
2020年(令和2年)クルーズ船新拠点の完成